サービス紹介 活用事例 導入の流れ 料金プラン ログイン

資料請求・お問い合わせ

LINE BOTの作り方
~アカウントの作成とQ&Aの登録方法~

最終更新日:2019年11月12日

LINE BOTはLINE上でユーザーと自走的にコミュニケーションができる、お店や企業の「顔」です。

この記事で紹介している方法を使って、かわいくて面白いボットをパソコン1台で作ることができます。

IT技術者向け記事ではないですが、「プログラムが必要な作り方」と、「プログラムを使わない作り方」の両方を紹介しています。

目次

LINE BOT(ライン ボット)とは

LINEにはLINE BOTというサービスはなく、ユーザーからの応答に自動で答えるLINEアカウントの総称です。

チャットボットとは

チャットボットとは、LINEに限らず問いかけに自動で答えてくれるプログラムのことです。単に「ボット」ともいいます。LINEだけでなく、TwitterやFacebookでも活躍しています。

チャットモードとは

LINEの「チャットモード」とは、ボットを使わずいわゆる「中の人」が直接応対できるモードです。

ボットモードとチャットモードは簡単には切り替えられませんので、どちらで運用するかを最初に決めておきます。

アカウントを無料で作成

さっそくLINE BOTの作成方法に移りますが、まずはLINE公式アカウントを準備しましょう。すでに用意している方はこのセクションはスキップしてください。

LINE公式アカウントの作成

「アカウントの開設」をクリック

PCからLINE for Businessにアクセスして、アカウントの開設を選択します。

「認証済アカウントを開設する」または「未認証アカウントを開設する」を選択してください。

個人アカウントでログイン

自分のLINEの個人アカウントでログインします。

個人アカウントを持っていない場合は、「アカウントの作成」>「メールアドレスで登録」からLINE公式アカウントを直接作成できます。

会社名、業種などを入力

必要事項を入力して完了です。

LINE BOTの作り方 -LINE管理画面で作成編-

一番簡単なボットであれば、今いる管理画面から作ることができます。前のセクションをスキップした方はここからアクセスしてボットを作成したいアカウントを選択してくださいね。

応答モード チャットを選択

下準備として、「設定」>「応答設定」から、「応答モード」を「チャット」に変更してください。

友達追加時メッセージ(あいさつメッセージ)を送る

あいさつメッセージの作成

ホームメニューから「あいさつメッセージ」を選択します。

ユーザーがこのアカウントを「友達追加」したときに一番最初に送られるメッセージです。

テキストだけでなく、画像やスタンプも使えます。

ユーザーからのメッセージに返信する

応答メッセージの作成

自動応答メッセージ応答メッセージを利用すると、ユーザーのメッセージに含まれる特定のキーワードに反応してメッセージを返すことができます。

食べ物」というキーワードが含めれていたら、「ボクは油揚げがだいすき!」と返すといった塩梅です。

キーワードは複数設定することができます。Enterキーを使ってできるだけ沢山入れていきましょう!

実際に確認してみる

これで完了!ユーザーにお知らせする前に、自分のスマホから確認してみましょう。

QRコードを表示する

ホームメニューの「友だち追加」からQRコードを表示します。

スマホでQRコードを読み取って「追加」を選択します。

少し待つとあいさつメッセージが送られてきます。

LINE BOTの作り方 -Messaging APIで開発編-

自分で会話用にAIを作りこみたいという場合には、Messaging APIを利用します。ただし、今回はAI(人工知能)は使用せず、Messaging APIを使った簡単なチャットボットを作っていきます。

Messaging APIとは

LINEが提供している、チャットボットのためのAPI(連携機能)です。

LINE Developersに登録

LINE Developersにアクセスし、ログインします。

LINE Developersへログイン

LINE Developersへの登録にはLINE個人アカウントが必要になります。アカウント作成時に「メールアドレスから登録」した方は、ここで個人アカウントと連携するか、新しく個人アカウントを作成してください。[1]

個人アカウントを新しく作成するにはスマートフォン(電話番号)が必要です。

ログイン後、開発者情報を登録してください。

プロバイダーを作成

「新規プロバイダー作成」からプロバイダーを作成します。

チャネルを作成

「Messaging API」を選択してからチャネルを作成します。

サーバーを用意する

Messaging APIは、会話アプリケーションが搭載されたWebサーバーと連携させることで動作します。お試しや学習用であれば、「Google Apps Script」などの簡易サーバーでも十分です。

GAS(Google Apps Script)を使ってプログラミング

LINEのチャネル基本設定のページは開いたままにして、別タブでGoogleドライブにアクセスしてください。

Google Apps Scriptを作成

「新規>その他」からGoogle Apps Scriptを選択します。表示されていない場合は、「アプリを追加」からGoogle Apps Scriptを検索して接続してください。

白紙のScriptが作成される

Google Apps Scriptを作成すると白紙のScriptが作成されます。

Google Apps Scriptはjavascriptで記述しますので、javascriptの文法の知識が必要です。

プログラムの内容を書き込む

今書かれている内容を消去し、以下のサンプルのコードを貼り付けてください。

function doPost(e) {
  var replyToken= JSON.parse(e.postData.contents).events[0].replyToken;
  if (typeof replyToken === 'undefined') {
    return;
  }

  var url = 'https://api.line.me/v2/bot/message/reply';
  var channelToken = 'ここにアクセストークン(ロングターム)を貼り付け';

  var messages = [{
    'type': 'text',
    'text': 'こんにちは',
  }];

  UrlFetchApp.fetch(url, {
    'headers': {
      'Content-Type': 'application/json; charset=UTF-8',
      'Authorization': 'Bearer ' + channelToken,
    },
    'method': 'post',
    'payload': JSON.stringify({
      'replyToken': replyToken,
      'messages': messages,
    }),
  });
  return ContentService.createTextOutput(JSON.stringify({'content': 'post ok'})).setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
}

channelToken」には、チャネルごとに設定された「アクセストークン(ロングターム)」を以下の方法で調べて貼り付けします。

チャネルのアクセストークンを調べる

先ほどの「チャネルの基本設定」ページの中ほどに「アクセストークン(ロングターム)」という項目があります。空欄になっていると思いますので、「再発行」ボタンを押してください

アクセストークン(ロングターム)の取得

アクセストークンを再発行しますか?と言われますので、そのまま再発行ボタンを押してください。[2]

アクセストークン(ロングターム)をコピー

100文字以上の長い文字列が表示されますので、そのままプログラムの中に貼り付けてください。[3]

メッセージの設定

プログラム中の「こんにちは」となっている箇所を、好きな言葉に変更します。

スクリプトを公開

ウェブアプリケーションとして導入

メニューから「公開>ウェブアプリケーションとして導入」を選択します。

アプリケーションにアクセスできるユーザーを選択

アプリケーションにアクセスできるユーザー」を全員(匿名ユーザーを含む)を選択して「導入」を実行します。

許可を確認する

「承認が必要です」と言われますので、「許可を確認」しましょう。

「このアプリは確認されていません」と言われた場合は、「詳細を表示」から自分のアプリケーションに移動します。

許可を確認する

Googleから作成したアプリケーションへの接続を許可し、「このプロジェクトをウェブアプリケーションとして導入しました。」というメッセージが表示されたら導入成功です。

ウェブアプリケーションのURLをコピーする

現在のウェブアプリケーションとのURL」をコピーしておきます。

連携情報をLINEアカウントに登録

作成したウェブアプリケーションをLINEと連携させます。

「チャネル基本設定」のページに戻って、次のセクションを更新してください。

メッセージ送受信設定

Webhook送信

利用する」に変更

Webhook URL

コピーしておいたウェブアプリケーションのURLを貼り付けします( 先頭のhttps://は不要) 。

「接続確認」でウェブアプリケーションが有効かどうか調べられます。

自動応答メッセージ

LINE Account Managerから「応答メッセージ>オフ」、「Webhook>オン」にしてください。

テストする

メッセージ返信のテスト

設定は以上ですので、QRコードを読み取ってテストしてみてください。

設定した返事が返ってきたら、OKです!

ボットを更新する

現時点では毎回同じ返答しかできませんので、入力された内容(リクエスト内容)を取得し、それによって異なる処理にしてみたいと思います。

10~13行目を次のように書き換えてみてください。

  var input = JSON.parse(e.postData.contents).events[0].message;

  var message = 'こんにちは';
  
  if(input.type == 'text') {
    if(input.text.match('ありがとう')) {
      message = 'どういたしまして';
    }
  }

  var messages = [{
    'type': 'text',
    'text': message,
  }];

書き換えたら、保存してもう一度「ウェブアプリケーションとして導入」します。

ウェブアプリケーションの更新

この時、「プロジェクトバージョン」は「New(※新規)」を選択してください。

LINE側の更新は不要です。さっそくLINEアプリから「ありがとう」と送ってみましょう!

LINE BOTの開発言語

LINE BOTを開発するのにこの言語でなくてはいけないということはないので、自分の使い慣れたもので大丈夫です。これからプログラミングの勉強をしてチャットボットを作ってみたいという方には、Pythonをおすすめします。サーバを用意する場合ですが、SSLが必須です。http通信は不可ですのでご注意ください。

LINE BOTの作り方 -FirstContactで作成編-

言葉の揺らぎや複数の言葉から成る文章に反応させたい場合は、AIに対応しているチャットサービスを利用しましょう。

今回は「FirstContact」を紹介します。

csvファイルからQ&Aを作ってもらう

FirstContactでは、エクセルで作成したcsvファイルからLINE BOTを作成することができます

20項目までなら無料で作成してもらうことができます(別途FirstContactの月額利用料が必要です)。

必要なデータは主に3種類です。

エクセルでチャットボットを作成する
質問
ユーザーからの質問。
回答
質問に対し、BOTが返答する内容です。画像を表示したい場合は添付することができます。
例文
質問に複数のバリエーションがある場合は、例文やキーワードを記載します。
エクセルでチャットボットを作成する

AI型チャットボットの仕組み

「質問」と「例文」をAIに機械学習させ、言葉の揺らぎに反応させることができることができます。

右図のように、登録したものと異なる言葉の組み合わせであっても反応することができます。

csvファイルは事前にスタッフに内容をチェックしてもらいます。

おまかせでつくってもらう

どのようなシナリオを作ればいいかわからないという場合は、専門のプランナー(チャットボットプランナー)に依頼して作ってもらうこともできます。

事前のミーティングでこういった内容で打ち合わせ、設計からAIの学習までをお任せでやってもらうことができます。

LINE BOTおまかせ制作の流れ

LINE BOTおまかせ制作の流れ

LINE BOTの機能いろいろ

カルーセル表示

画像、スタンプを表示する

テキストだけでは味気ないですよね。画像やスタンプももちろん使えます!

ボタンを表示する

画像やボタンを表示し、左右にスライドできる「カルーセル表示」や、はい・いいえの2択ボタンを表示できる機能があります。

グループチャットに参加

複数人のチャットに参加することもできます!

ビーコン(LINE Beacon)を使う

専用の機器や対応するBluetooth機器を使った、オフラインマーケティング機能です。

ユーザーがお店の近くに立ち寄ったときや、イベントに来場したときなどにメッセージを送ることができます。

LINE BOTの活用事例

ここでLINE BOTの事例をいくつか紹介します。今回は5業種から事例を探してみました。

求人系LINE BOT:パン田一郎(フロムエー)

求人系:パン田一郎(フロムエー)

アルバイトの求人検索や給料計算ができるボットです。

かわいいパンダのスタンプがLINEでも人気になっていましたね。

パン田一郎とのおしゃべりもできるのが楽しいですね!

エンタメ系LINE BOT:王様のブランチ(TBS)

エンタメ系:王様のブランチ(TBS)

OA予告やゲスト出演情報を流してくれるようです。

こちらはTBSの、誰もが知っている人気番組ですね。テレビ番組でもLINE BOTは使われています!

最近、テレビでもLINE BOTを活用する番組やドラマを見かけるようになりました。

食品系LINE BOT:牛角

食品系:牛角

メニューの紹介やキャンペーン、クーポン配布など、さまざまな便利機能があります。

おいしい焼肉が食べられる、牛角!

友だち登録した瞬間、クーポンがでてきました!

美容・コスメ系LINE BOT:資生堂 お客さま窓口

美容・コスメ系:資生堂 お客さま窓口

資生堂では、Webビューティーコンサルタントと「AIみみちゃん」が美容の相談を受け付けています。AIみみちゃんなら、24時間対応です!

資生堂の化粧品、どれもステキですよね。

スポーツ系LINE BOT:中日スポーツ

スポーツ系:中日スポーツ

中日ドラゴンズの情報を定期的に届けてくれます。

ドアラで有名な中日!ファンも多いですね。

中日ファンの方は、手軽に好きなチームの情報を閲覧できてうれしいのではないかと思います。

事例を見ていくと・・・

LINE BOTのユーザーは、自社製品の紹介を見るだけでなく、困ったことを解決できたり、キャラクターとのおしゃべりを楽しんだりできることが分かります。

一方で企業は、顧客との接点を増加させることができたり、顧客の生の声が拾いやすくなったりしていて、win-winな状態になっているのかもしれません。

今回は、LINE BOTの事例を紹介しましたが、弊社のチャットボット「FirstContact」の事例も紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

最後に

LINE BOTを作るためのいろいろな方法が提供されているほか、LINEの活用をサポートしてくれるサービスも今ではたくさんあります。

そのためチャットボットを作るため巨額の開発費用が必要ということはなくなってきました。

そのぶん、チャットボットを通してユーザーの声をより深く聴くことにコストが割けるようになったと言えるでしょう。

1人でも多くの方があなたのお店やサービスのファンになりますように心から祈っています!

FirstContactでチャットボットについて相談