【今からでも間に合う!】本気でマーケティングしたい企業のためのLINE×チャットボットの使い方!

LINEボット
LINE ID連携FCコラムアイキャッチ

LINEは国内で最も利用者数の多いSNSです。しかし実際にSNSマーケティングでよく利用されるのはTwitter・Facebook・Instagramです。

本日はチャットボットと連携してLINEを効果的に活用する方法をまとめました。この記事で紹介している方法(FirstContact導入事例)を使えば、LINEで他社には負けないような効果的なマーケティングをすることができるでしょう!

[PR]20日間無料で利用可能な「FirstContact」についても紹介しておりますので、併せて読んでいただけると嬉しいです!
FirstContactのWebサイトでは実際にチャットボットを設置していますので、良かったら試してみてください。

LINEの現状

株式会社ICT総研の調査によると、日本国内におけるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者(アクティブユーザー)は年々増加しており、国内におけるSNSの利用者数は7,523万人となりました。その中でも、ネットユーザーに占めるLINE利用率は81%。国内で1番利用されているSNSはLINEです。

しかしながら、SNSマーケティングに関して検索をしても、あがってくるのはTwitter・Facebook・Instagram・YouTubeばかり…。

SNSマーケティング SNS別

国内で1番利用されているSNS“LINE”で効果的なマーケティングができたら最良ではないでしょうか。

LINE ID連携とは

連携

実際、日ごろLINEを利用する中で、公式アカウントを友だち追加をしたあとすぐにブロックした経験はありませんか。

配信頻度があまりにも多かったり、有益ではないアカウントだと判断されたりすると、ブロックされるまたは見ないままトークを削除される恐れがあります。

そこで、一斉配信ではなく、ユーザーセグメントをしてメッセージを配信できるLINE ID連携がLINEのマーケティング機能として注目されています。

ID連携とは、自社サービスのユーザーの会員IDとLINEアカウントを紐付けることです。これにより、企業のLINEアカウントの友だちが自社データベース上のどの会員なのかを判別できるようになり、LINEで効果的なマーケティングを行うことができるようになります。

代表例としてヤマト運輸ひかりTVショッピング等があります。実際に、一斉配信と比較して、属性分けしたセグメント配信のCTRが約7倍に達したデータもあります。

とはいえ、LINEの機能だけでは賄うことができない部分があります。そこで、本格的にLINEにてマーケティングがしたいという企業様にはFirstContactの導入をおすすめします。

FirstContact

LINE ID連携だけのマーケティング法

LINEIDonly

LINE ID連携により手に入れた情報はLINEのデータベース上に蓄積されていきます。しかし、LINEの管理画面とユーザー情報を持つWEBサイトは直接繋がっていないため、LINE上ID連携を利用して属性を基にセグメントは正確なものではなく、マーケティングをやる上では不都合です。

LINEの機能のみを利用した場合、配信のセグメントとしては、性別・年齢・居住地等で、これはスタンプや文章から類推されたデータです。

LINEの管理画面上からどのLINEのアカウントがどの情報かまではわかりません。返答もキーワード一致で設定されたBOTでの返答となるため、機械的なものになります。

FirstContactを導入するとここまで変わる

LINE×FirstContact

FirstContactを導入すると、すべてと直接つながるプラットフォームになります。

つまり、Googleで検索した履歴などWEBサイトが持っている情報すべてでセグメントができすため、精度の高いターゲティングが可能になります。LINE単体でのマーケティングよりもユーザーをターゲティングしたマーケティングが可能です。

配信のセグメントとしては、性別・年齢・居住地・名前・興味・関心・訪問履歴等リターゲティングのPRも可能であり、ファンの確保、ナーチャリングに非常に役立ちます。

また、FirstContactの管理画面からはどのLINEのアカウントがどの情報かまでも個別にわかるため、1対1の個別メッセージを送り、プッシュしていくことも可能です。また、やり取りに関してもキーワード一致の機械的なものではなく、AIを搭載しているため言葉の揺らぎなどにも柔軟に対応可能です。

まとめ

LINEもうまく使いこなせばマーケティングの武器になることをご理解いただけたでしょうか?

POINT
1. LINEID連携に対応!
2. AIとコグニティブ(Watson)のBOT【LINEだけではできない!】
3. WEB情報を元にPUSH通知できる【LINEだけではできない!】

是非FirstContactとの合わせ技で、LINEを効果的に活用していきましょう!

[PR]LINE×FirstContactで最強マーケティング

FirstContactバナー

LINE×FirstContact=最強のLINEマーケティングをすることができます!

FirstContactは月額15,000円~と業界内でもお安い価格でご提供しております。今回ご紹介したLINEとの連携はもちろん、その他SNSツールとも連携可能です。

今なら20日間の無料のお試しキャンペーンも実施中!実際にLINE連携もお試しいただけますのでお気軽にお問合せくださいませ!

20日間無料トライアルのお申込はこちらから

関連記事

お問い合わせはこちらから