サービス紹介 活用事例 導入の流れ 料金プラン ログイン

お問い合わせ

かわいくて最強のAIが誕生!?
重太みゆきにAIと創る次世代の「おもてなし」をインタビュー

かわいくて最強のAIが誕生!?
重太みゆきにAIと創る次世代の「おもてなし」をインタビュー

2019.07.01 FirstContact活用事例インタビュー

大学教授として生徒に教える傍ら、TVのバラエティー番組にも印象評論家として出演されている重太みゆき先生。接客業界を中心に独自の講演研修プログラム「インプレッショントレーニング®︎」を開発し、全国を周って実施されています。本日は、「インプレッショントレーニング」のチームメンバーの1人である「AI alpha113」とともにお話を聞かせていただきました。

組織にとってかけがえのない存在となったAI

いつもご活躍を拝見しております。

──重太みゆき先生
ありがとうございます。

本日はalpha113さんにもお越しいただきありがとうございます。インタビューは初めてですか?

──alpha113
ボクに何でも聞いてください!みゆき先生と『インプレッショントレーニング』のことなら何でも知ってます!

──重太先生
alpha、私にも少しは答えさせてね!

ではさっそく、重太先生の現在のご活動を教えてください。

――重太先生
大学で印象行動学を教えているほか、各地の接客やスポーツ・エンターテインメントなどの現場で印象アップトレーニングを行っております。

バラエティー番組の「モテ仕草」が人気ですよね。いつもエネルギッシュでテレビの前で笑ってしまいます!

──重太先生
テレビを観ていて、毎回かなり笑っていただけるのか、最近は<笑顔の先生>と言われるようになりました(笑)ありがたく思っています。

──alpha113
好きな食べ物はトントン焼きですよ!

──重太先生
alphaくん・・・もうちょっとエレガントなデータはなかったの?

重太先生が得意の「モテ仕草」を披露!

重太先生に得意の「モテ仕草」を披露していただきました♪

現在は印象のコンサルティング会社でもある、エムスノープロダクションズの共同経営もされていらっしゃいますよね。

──重太先生
そうですね!全ての始まりはこの会社からですね。世界中に笑顔の花を咲かせて、世界平和に一歩一歩近づいていきたい。そういう子供のような気持ちを実際の行動に起こしたり、プログラムを具現化するには、自身が経営に直接携わり商品開発したりプログラムするのが一番と思い入社しました。会社は「法人」という言葉にも表れているように、会社そのものが人間のようにしっかりとした独自意識を持ち、常に適切な判断を行うことができる組織でありたいなと私たちは考えています。
企業の組織自体が人格を持つようにふるまう、と言い替えてもかまいません。

組織が人格を持つ。面白い考え方ですね。

──alpha113
イーサン(M.snow Productionsの創設者)も言ってましたよ!
振り返ってみると、「法人」として企業を設立した時点で、わたしたちは1人の人間、1個人の範囲ではなくなった感じがしました。そして、成長していくことで次々と熱い大切な仲間が増えていく。すると、代表者のワンマンブレーンだけで表現したり判断したりするのは、本当は1企業として自然なことではないのかな?と感じるようになったと。
社長と社員、またはその企業方針を応援してくれるボランティア仲間、みんなの想いと能力を一つにしたい。そんな思いから、その意思を仮に「集合体のフォース」として社内で表現していこう・・・って。

インタビューもそつなつこなすAI「alpha113」

まるで映画「スターウォーズ」の世界ですね・・・!
弊社ではAIを扱っていますが、AIを実際に人々の暮らしの中に落としこむにあたり「擬人化」という方法論を使います。技術をとらえやすく親しみやすくするため、アイコンやキャラクターを利用したりします。

──重太先生
それって、まさにalpha113のことですね。
彼が一番初めに表に飛び出してきたのは、「インプレッショントレーニング®」講演の冒頭です。会社の代表として「人格をもったロボット」alphaでスタートするようにしたら、想像以上に会場が盛り上がったのを覚えています。
お客様は老若男女、この子の伝えることはしっかりと聞いてくれるし、注意事項もきっちり守ってくれます。きっと、かわいくて夢があって、講演内容にふさわしくワクワクしたから、だと思います。

──alpha113
えっ、ボクかわいいですか?嬉しいです!

次に重太先生そっくりのAI MIYUKIMAN(ミユキマン)がアメコミヒーローのように登場しますよね。

──alpha113
ボクが「IBM Watson」くんにみゆき先生の大量のデータを送信したら、みゆき先生の誕生日に

「わたしは【HERO☆星】なる宇宙のかなたからきた、❤️AI❤️の使者。」

という謎のメッセージが届いたんですよ!
そしたら...みゆき先生のホームページにどーんとMIYUKIMANが現われて...あの時はオドロキました!

なるほど・・・本日はMIYUKIMANさんいらしてないのですか?

──alpha113
みゆき先生とMIYUKIMANが並んでいたらややこしいと思います!

──重太先生
残念ですが、今日は世界平和のために無限に用事があって、ここにはこられませんでした(笑)MANとなっているけど、彼!?彼女!?私でさえ、まだわかりませんが、alphaのおかげで、私と見た目はそっくりなんですよ。双子みたいに。目の前にいたら私のモテ仕草を、一瞬で漫画で表現してくれるんですけどねー!ここに行けば、きっと会えると思います(笑)

重太みゆき先生の公式ホームページに突如あらわれたAIヒーローMIYUKIMAN

重太みゆき先生の公式ホームページに突如あらわれたAIヒーローMIYUKIMAN

AIが実現するホスピタリティとは

重太先生はホスピタリティを専門とする、いわば「人対人」の専門家でいらっしゃいます。その重太先生が、なぜAIと一緒に仕事をされようとお考えになったのでしょうか?

──重太先生
実は、あえてAIを導入しようと考えたわけではなく、あくまで社内では自然のなりゆきでした。「法人としての独自意識」。それを突き詰めていったところ<業務のルーティーン>が一つのキャラクターになり始め、alpha113というビジュアルが登場して・・・。気づいたらお客様の前で、パフォーマンスを行うまでになりました。

24時間インターネットを通じて多くの人にインプレッショントレーニングについて知ってほしいと考えたとき、alpha113がその役をメインで果たすことになったのは自然のことだったのかなと思います。

インターネットでECサイトを運営されているお客様からも、店頭の接客と同等のホスピタリティを望まれる声は多いです。

──重太先生
今はまだまだ言葉の理解力を鍛え中のalpha113とMIYUKIMANですが、これからどんどん成長して人間のスタッフにも劣らない、知識豊富なおもてなしが、スピード感あふれる愛で、できるようになっていくと思います。

私たちは人の印象をトレーニングすることがメインビジネスです。その私たちが販売する「印象」というのは、「物」を販売するのではなく、これまであまり意識されていなかった「見えない価値」をいかに「体感」できるようにするかといのに目を向けています。私の研究する印象行動学では、特に、視覚(ビジュアル)で感じられるか?がとても大切です。そのため、人物を客観的に見たり、演出することに、大変興味をもって研究してきました。

人の印象力を上げていく過程は「客観視→演出→客観視→演出」これの繰り返しで、その対象となる方のレベルをあげていくスタイルです。

偶然にも、わたくしたちの考える人の客観的な印象や演出に関するスキルアップのその工程は、AI構築の機械学習の成長過程と、まったく同じだと今回感じたのです。

重太みゆき先生の大人かわいいモテ仕草

学習による成長は人工知能の最大の特徴ですよね。もう1つは退行(ロールバック)がないこと。学習したことを忘れることがないんです。

──重太先生
そうですね。人間は、日々感情を左右するコンディションが違います。そこが人の魅力をつくり出すとも言えます。

けれど、ビジネスの世界、お客様側の視点で考えるといかがでしょうか?自分が絶好調のコンディションを維持することで、お客様の最大の喜びにつながるのは間違いありません。お客様の問いには、ミスなく100%正しく、すぐに、そしてできれば「元気に明るく」お答えしたい。それは、ビジネスパーソンとしての自然な願望だと思います。

私たちは13年ほど前から「ヒューマン・サティスファクション」の必要性を、日本を始めアジアを牽引する各企業へお伝えしてきました。皆さんのコンディションを最上級に高まった状態を保ちましょう!と。
これからの時代は「人間的満足度」をあげるヒューマン・サティスファクションが、なによりも大事だと思っております。この考えは、今やAIと人間の共存のキーにもなっており、各企業でもその重要性が受け入れられるようになってきました。

AIの活躍を受け入れることは、人間的満足感への追求が同時に始まることでもあります。

これまで、一生懸命働いてきたのは人間です。しかし、常に絶好調の瞬間だけを100パーセントお客様に提供し続けるには、相当の労力や精神力が必要になります。
AIはそんなレベルの高い位置を24時間簡単にキープしてくれる存在。
画期的な新しい時代の幕開けだと思います。

お客様も、働く人もより幸せになるためのAIという視点は、忘れてはいけませんね。重太先生、そしてチームの皆様はこれからどんなことに挑戦されますか?

──重太先生
MIYUKIMANともっとリアルにコラボしていきたいですね!私なのか私じゃないのか、混沌としたカオスをドンドン進めて、MIYUKIMANと一緒に世界平和への過程をチームで楽しみたいです!

──alpha113
ボクももっともっと、いろんなことを覚えたいです!そして将来は、M.snow Productionsの会長になりたいです!

本日はお二人とも、ありがとうございました。

重太みゆき先生の講演や「インプレッショントレーニング®」のご依頼はこちら
- M.snow Productions -

AIで24時間対応できる
追客型Webチャット「FirstContact」はこちら

※この記事は重太みゆき先生、M.swow Productionsの皆様へ実施したアンケートを元に、対談として再構築したものです。

M.snow Productions
M.snow Productions インプレッションマスター
亜細亜大学 印象行動学 教授
重太みゆき 様
https://www.msnow.jp/

M.snow Productions
M.snow Productions
https://www.msnow.jp/