AIチャットボットとAI全文検索システムの使い分けは?

業務効率化
全文検索システムとチャットボット

「RPAで社内ヘルプデスク業務を効率化させたい!」
そんな時、AI全文検索システムを用いるか、AIチャットボット を用いるか 悩んだことはありませんか? AI全文検索システムについての説明と、 AI全文検索システムとAIチャットボットの使い分けに関してご紹介します。

[PR]自社サービス「FirstContact」についても紹介しておりますので、合わせて読んでいただけると嬉しいです!
ページの最後に実際にチャットツールを設置していますので、良かったら試してみてください。

 

まずはじめに、全文検索システムとは?

全文検索システムとは複数のファイル内の文章から、特定のキーワードを検索するシステムのことです。
ファイルサーバー内で資料を探す際にファイル名を検索することがあるかと思いますが、全文検索システムではファイル内の文章まで検索してくれます。

弊社の「FirstSearch」はAI(人工知能)を搭載した全文検索システムです!

弊社でも全文検索システムとして、「FirstSearch」というサービスを提供しております。

「FirstSearch」 はただの全文検索システムではありません!

IBMのWatson AIを搭載しているので、膨大な文章(構造・非構造化データ)の高度な照会、キーワード検索を実現するだけでなく、特定の業界や企業特有の言葉や言い回しについても教え込みます。
その結果、より賢くお客さまの業務を支援することが可能です。

自然言語による検索、数値(スコア)管理もあるため、導入して終わりではなく運用を続けることで精度も向上させていくことができます。
日本語や英語をはじめ、9か国語に対応しています。全文検索システムの導入をお考えの方におすすめのサービスです。

AI全文検索システム「FirstSearch」とAIチャットボット「FirstContact」の使い分け

固定したQ&Aが300パターン以内の場合

300パターン以内はFirstContact

固定したQ&Aが300パターン以上の場合

300パターン以上はFirstSearch

様々なバリエーションのQ&Aが多数ある場合

バリエーションが多い場合はFirstSearch

AI全文検索システムの活用シーン例

AI全文検索システムを利用すると、AIチャットボットでは対応しづらいHTML、PDF、Word、JSON、CSV、TSVなど、様々な形式のファイルに対応しています。Excelなど非対応フォーマットで文章管理している場合でもマクロでデータを整形することで取り込みも可能な場合もございます!

【士業】複雑でファイル数が多いマニュアル検索

業務領域が広い、法律関係などで複雑な業務内容の場合、社内ファイルサーバーにあるマニュアルを参照する場面が往々にしてあるかと思います。同じキーワードが含まれるファイル名が複数あるとキーワードでの検索が難しくなります。
AIチャットボットではシナリオ作成が難しくなり、ユーザー側も混乱する可能性がありまますが、全文検索システムを使うと容易であり、ユーザーストレスも緩和できます。 全文検索システムを使うと 、ファイル内の文章まで検索する”全文検索”を実行するので、マニュアル検索に適応できます。

【金融・医療】 言葉が複雑なwebサイト内検索

金融や医療業界で単語の表現が制限されているようなwebサイトの場合、ユーザーが世間一般に知られているキーワードでサイト内検索をしてもヒットしません。
AIを搭載したシステムでは単語の違いを吸収することができます。
AI全文検索では、”キーワード”だけでなく、”文章”で検索することが可能であるため、より精度が高まります。

【大企業】 コールセンターのマニュアル検索

オペレーターがお客さまからお問い合わせを受け、資料やマニュアルを検索する際に最適な検索ワードに変換する必要があります。最適な検索ワードがわからず、ヒットしないなんてことも。
AI全文検索では、 最適な検索ワードの変換をWatsonに学習させることができます。

【大企業】 イントラネットの資料検索

社内のイントラネットに資料がたくさんあり、探しきれない経験が一度はあるかと思います。また、専門用語で書かれている資料の場合、ユーザーは単語がわからず曖昧検索をする必要があります。
AI全文検索であれば最適なファイル検索結果を表示させることができます。

[PR] FirstSearchの資料請求・お問い合わせはこちら!

FirstSearch

FirstSearchの資料請求・お問い合わせ

FirstSearchでできること

自然言語での検索

FirstSearchの検索処理にはIBMのWatson AIを利用しており、自然言語処理を搭載しています。
人間の言葉(自然言語)の背後の意図を解釈し、その関連度合いを信頼度でレベル付け、分類した上で検索をするため、検索キーワードが部分一致、または完全一致しなくても検索が可能です。
特別な教育は不要、日常的に使っている言葉で検索することができます。

学習モデルによる業界や分野の管理

FirstSearchではIBMのWatson AIの学習支援ツールと連携する事で機械学習モデルを追加できます。
学習モデルを追加すれば業界や分野ごとの知識だけでなく、各分野の言葉の使われ方の微妙な表現の違いを考慮した検索が可能になります。また、業界や分野特有の表現も吸収できます。
※「学習モデル」機能は基本ライセンスには含まれておりません。

自動学習による数値(スコア)管理

FirstSearchには検索機能と機械学習のコンビネーション機能が備わっています。
あらかじめ用意した質問とその回答の関連性を評価していくことで精度の高い検索結果を表示できるようになります。
また、運用後においても検索結果画面に評価機能を追加し、運用を続けることで精度を向上していけます。

価格

学習支援、コンサルティングの有無、カスタマイズの必要性など要件をヒアリング後、お見積もりさせていただきます。

検索対象のページ数やファイル数に応じて月額費用が変動いたします。
詳細はお問い合わせください。

FirstSearchの資料請求・お問い合わせ

[PR]多機能、低コスト、柔軟性の高いチャットサービスなら「FirstContact」

FirstContact

FirstContactの無料トライアルのお申し込み

FirstContactの特色

チャットボットをWeb上で実用化するなら弊社「FirstContact」がおすすめです。

  • AI搭載
  • Watson Assistantの各機能に対応
  • Webチャット、LINE、Facebookに対応
  • 必要な機能を柔軟に開発、実装可能
  • 初期費用無料。運用費は月額2,980円~

今なら20日間の無料トライアル!

実際にWebサイトに設置して無料でお試しいただけます。

FirstContactの無料トライアルのお申し込み