サービス紹介 活用事例 導入の流れ 料金プラン ログイン

お問い合わせ

チャットボット広告ってどんなもの?
~会話が生み出す広告体験~

2017年にFacebookが「メッセンジャー広告」を打ち出して以降、さまざまなプラットフォームがチャットボット広告に対応し始めました。大きなインパクトを打ち出せるうえ、従来広告よりコストが抑えられる傾向もあります。

この記事で詳しく解説します。

目次

チャットボット広告(チャット型広告、会話広告、会話型広告)とはどんなサービスか

チャットボット広告とは、チャット形式の広告のことです。人ではなくロボット(チャットボット)が応対する場合を特に言います。

チャットボット広告はどのように表示されるか

チャットボット広告の表示例

見た目は普通バナー広告で、クリックするとチャットが立ち上がる形式のものが多いです。会話の進め方は、「選択肢タイプ」「自由入力タイプ」「複合タイプ」と複数種類から選ぶことができます。

選択肢タイプ
複数のボタンからクリックして会話をすすめます。ユーザーが気軽に試すことができます。
自由入力タイプ
テキストを打ち込んで会話をすすめます。リッチな会話体験を提供できます。
複合タイプ
選択肢タイプと自由入力タイプのいいとこ取りです。

AIを活用し、人と会話しているような体験

チャットボット広告の会話内容(シナリオ)は、配信者が自由に設計できますキーワードAI(言語理解AI)を活用し人と会話しているような体験を提供することが可能です。

制作にあたっては広告代理店などに制作やアドバイスを依頼することが多いですが、チャットボット広告のノウハウを持つ企業はまだ少ない状況のため注意が必要。

以下は実践的な会話内容の一例です。(実際の導入例とは内容を変えてあります)

例1:不動産(賃貸)の物件紹介をするチャットボット広告

例:物件紹介の会話設計

事前に取得した「居住地域」「年齢」の情報に加えて「どんな部屋に住みたいか」の情報を聞き出し、おすすめ物件のページへ遷移させています。その場では興味を引く物件がなかった場合も、後日そのユーザーに沿った新着物件を届けることができます

例2:人気のタレントが最新映画の紹介をするチャットボット広告

例:映画PRの会話設計

人気のタレントに擬人化したチャットボットとの会話を楽しんでもらい、出演する映画のPRを行うという流れ。YoutubeやTiktokなど10~20代に人気の媒体で広告を配信すればより効果が期待できそうです。

どちらのチャットボット広告も作りとしては非常にシンプル。アイディアさえあれば、短期間で制作し運用を始めることが可能です。

チャットボット広告のメリット

次に、従来広告(主にLP型広告)と比較しての5つのメリットをみていきましょう。

LP(ランディングページ)を作らなくてもいい

広告専用のランディングページが必要ありません。チャットがLPの代わりを果たすとも言替えられます。そのため、制作費用を削減できます。

インタラクティブな広告体験

広告中にゲームなどを仕込み、ユーザーがなんらかの操作を行える「インタラクティブ広告」が一般的になっています。チャットボット広告もインタラクティブ広告の1つといえます。ユーザーにアクションをとってもらうことでより印象に残らせることができますが、楽しんでもらえる会話を設計できるかどうかが鍵となります。

SNSの機能を活用した追客(リターゲティング)

商品購入に至らなかったユーザーにも、後日クーポンやイベント情報などの配信などを行うことができます。プッシュ通知として届くため、見てもらえる可能性は高いといえます。

モバイルユーザーに強い

チャットはモバイルユーザーに身近な存在。スマホでは一度に見られる情報が限られているため、情報を絞って提供できるチャットは有利です。

ユーザーの情報を引き出し、蓄積する

チャットボット広告の利用場面は主にインフィード広告バナー広告になります。リスティング広告と異なりユーザーのニーズがはっきりしていないという難点がありますが、会話型であれば会話を通じてニーズ洗い出すことが可能です。

さらに、会話を通じて得たマーケティング情報は蓄積して自社だけで利用できます。各広告プラットフォームがターゲティングしたユーザーをさらに独自にタグ付けでき、精度の高いユーザーデータを入手できます。もちろん、DMPとの連携も有効です。

続いて、それぞれのプラットフォームで具体的にどのように広告が配信されるのかを比較していきます。

Facebook広告(メッセンジャー広告)

Facebook広告では、「メッセージの送信」をアクションに指定することでチャットボット広告が利用できます。配信先に主にFacebookのフィード内ですが、Instagramが選択できるのも嬉しいですね

Facebook広告でのユーザーの流れ

メッセンジャー広告の利用方法

Facebookページを持っていれば、特別な手続きは必要ありません。

配信時には支払い方法の登録(クレジットカードでOK)と、チャットボットとの連携が必要になります。

メッセンジャー広告の配信方法は次の通りです。

  1. Facebook広告マネージャにアクセス
  2. マーケティングの目的に「メッセージ」に指定する
  3. メッセージの送信手段には「Messenger誘導広告」を指定する
  4. ターゲット、予算などを指定して作成

メッセンジャー広告の料金

メッセンジャー広告の価格は通常のFacebook広告と同様です。

最低出稿額がなく、100円からの低額から始めることができるので、気軽に試すことができます。

どんな企業が導入しているか

広告を低額で始められること、メッセンジャー広告であればWebサイトがなくてもビジネスを運用できることから、現状は個人や中小企業の成功事例が多くなっています

特に次のような用途で活用されているようです。

LINE広告

LINEでチャットボット広告を利用するには、「LINE Ads Platform」を利用しましょう。実際のユーザーの流れは以下のようになります。

LINEのタイムラインを配信先とした場合のユーザーの流れ

LINE Ads Platformの利用方法

LINE Ads Platformのアカウント登録は現状オープンではないため、LINEに問い合わせるか、チャットボット広告の配信に強い代理店に仲介してもらうと良いでしょう。注意点として、広告のガイドラインが厳しく、入稿から審査が通るまで2週間程度みた方がよいとのことです。

チャットボット広告を利用するには、広告メニューから「CPS(Cost Per Friends)」を選択してください。

LINE BOTは無料?

LINEアカウントとチャットボットを連携させることのできるLINE BOT(LINE Messeging API)は、個人のLINEアカウントがあれば無料で利用できます(制限あり)。技術者の方はこちらから始めてみるのがいいかもしれません。

どんな企業が導入しているか

以前は大手が中心だったLINE Ads Platformですが、最低出稿価格が撤廃されたことで中小企業でも手軽に導入できるようになりました。

LINEの利用層は非常に厚く、特にTwitterなど他のツールを利用していない30代・40代女性へのリーチに有効と考えられています。

Twitter広告

Twitterでは、チャットボット広告ではありませんが、「カンバセーションカード(会話型カード)」という面白い広告フォーマットを利用できるので紹介します。

Twitterのカンバセーションカード(会話型カード)

上記のようにボタンを複数設置でき、ユーザーが選んで押すことでハッシュタグを含んだツイートをすることができます。

アカウントにオートリプライを設定しておけば、ユーザーと自動で会話(のようなもの)ができるという仕組みになります。最近ではサッカーの本田選手を起用したペプシのキャンペーンが話題になりました。

ディスプレイ広告(チャットバナー広告)

ブログやWebサイトに表示されるディスプレイ広告(バナー広告)も、チャットボット広告にすることができます。チャットの起動方法にも複数あり、「バナー上で直接チャットが可能なもの」「バナーをクリックするとチャットのモーダルが開くもの」「別ページで専用ページが開くもの」があります。

チャットバナー広告を入稿できるサービスはまだ多くはないようです。配信先は大手アドセンスやアフィリエイトASPのほか、チャットバナー広告専用の広告サービスがあります。

[PR]Facebook、LINEでのビジネス展開にAIチャット「FirstContact」

AIチャットボットならFirstContact

LINE、Facebook Messengerを、言語理解AIを搭載した「Watson」と簡単に連携できます。複数のプラットフォームを統合して管理することも可能。専門のスタッフがご要望をお伺いしチャットの会話シナリオを作成、アドバイスいたします。お気軽にお問い合わせください。

First Contactの無料トライアルのお申し込み